脱毛サロンの脱毛の仕組み

バナー

脱毛サロンの脱毛の仕組み

水着や半袖など肌を露出する服を着るときにきになるのがムダ毛です。

近年では、ムダ毛を脱毛することは女性の身だしなみの一つとなっています。



脱毛するには、脱毛サロンでの脱毛と医療機関での脱毛を選ぶことができます。

医療機関での脱毛は、医療用レーザーを使っているため脱毛力が高く短期間で終わらせることができますが、その分痛みが強く高いというデメリットがあります。

そのため、痛みが少ない脱毛を行いたいという場合には、脱毛サロンでの脱毛がオススメです。



脱毛サロンでの脱毛方法と医療機関での、脱毛は基本的に仕組みは一緒になります。

脱毛サロンでは特殊な光を使いますが、脱毛したい部分に光やレーザーを照射することによって、毛のメラニン色素に反応させることで熱エネルギーに変換し、毛根などにダメージを与えることによってムダ毛を処理していくという仕組みになっています。これはレーザーでも同じですが、大きな違いは出力にあります。光脱毛は出力が弱いことから脱毛力は弱いですが、その分費用が安く処理することができます。

また、照射するときに塗るジェルなどには、美肌効果のある成分が配合されていることが多い上、光を照射することでコラーゲン生成を促し美肌を目指すことも可能です。



光脱毛もレーザー脱毛もそれぞれメリットとデメリットがあります。痛みや料金だけではなく、カウンセリングや体験コースなどを利用して自分のあった方法で脱毛することが大切です。




Copyright (C) 2016 脱毛サロンの脱毛の仕組み All Rights Reserved.