歯科もセカンドオピニオンが大切です

セカンドオピニオンとは当事者以外の専門知識をもった第三者に意見を聞く行為です。

セカンドオピニオンが多く利用されるシーンは主に医療現場です。
患者が治療や医療行為を受ける場合に、主治医以外の医師に意見を求める自身に最良の治療法を選択することが可能です。



従来であれば、すべての行為を主治医にまかせるスタイルが主流でしたが、近年ではさまざまな薬や治療法があるため、必ずしも一つの治療法が正しいとは言えない場合があります。また、主治医の治療方針に納得がいかない場合も少なからずあるため、患者自身が情報収集を行い、治療法などを選択する時代になってきています。


こうした情報収集をおこなうことで、自身に最適な医療行為を受けることが可能になりました。

セカンドオピニオンは最近では歯科でも利用する人が増えてきました。歯科医師にもさまざまな考え方をもつ人がいるため、1人の医師の意見だけでなく多くの医師の意見を聞くことによって、最良の治療が受けられます。

歯科のセカンドオピニオンはまだ始まったばかりであり、すべての歯科医師がセカンドオピニオンを受け付けてくれている場合ではないため、予め問い合わせをしてから出向くことをお勧めします。



歯の治療の場合に利用すると良いケースはインプラントや審美治療、矯正歯科などです。

医師によって得意分野が違ってくるため、複数の医師に判断してもらうことで、より美しい歯になることでしょう。
自分にあった方法を探すことで、納得した治療が受けられるでしょう。



Copyright (C) 2015 歯科もセカンドオピニオンが大切です All Rights Reserved.